アトピの悩み相談所

2012年11月27日

アナフィラキシーショックが起る成分で代表的なものはこの5品

アナフィラキシーショックとは、アレルゲン(アレルギーを引き起こす成分)
を食べた後に強いアレルギー反応が起ることです。
ひどいときは、呼吸困難に落ちいり死亡する場合もあり非常に危険です。


危険を感じたときは、直に治療が必要なため救急車を呼びましょう。


特に危険な5つの食品は鶏卵、小麦、牛乳、ピーナッツ、蕎麦です。
この5品を含む場合には厚生労働省による指示で、必ず明記することと
なっています。私はこの中の小麦に体が反応します。
体力が低下していなければ食べても大丈夫ですが、ひどいときは3日程度
じんましんが直りません(涙)


蕎麦アレルギーの方やピーナッツアレルギーなどの方よりは症状が
軽いと思いますが、アナフィラキシーショックは自分で管理するほか
ありません。家族の中で自分だけが持っていると思わぬ事がありますので・・・
子供はセノビックなどを呑んでいるので子供への遺伝はなさそうです。
ちなみに私の親もアレルギーに無縁です。


posted by アトピー悩み at 08:07| アナフィラキシーショック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする